ジェンガゲームにおける手の動作と生理的指標との関連性について(手)

ジェンガゲームにおける手の動作と生理的指標との関連性について(手)

発汗計測に関する文献の紹介をさせていただきます(*・∀・*)

当社も常に勉強中なので、このように文献の紹介をしながら、一緒に学んでいければと思います(`・ω・´)ゞ

 

ジェンガゲームにおける手の動作と生理的指標との関連性について(手)

武村 康弘、板倉 直明
(引用:http://ci.nii.ac.jp/naid/110007114845)

目的
ジェンガゲームにおける手の動作に注目し,肘着き有無の姿勢の違いによる人差指と親指の震えを解析しています。
実験では、被験者5名に対し、3軸加速度センサを用いて指の震えを測定し、同時に、呼吸センサ、脈波計、発汗計を用いて他の生理的指標も測定した。

 

結果
手の静止状態では、肘着き有りは無しより震えが小さく、また、手の静止状態だけで比較すれば、肘着き有りにおいて、ブロックを取る直前の静止状態で、両指の震えに増大傾向があることが分かった。

 

同時に発汗計を使用することで、精神性発汗が観測でき、ジェンガをしている人がどうゆう状態なのかがわかる、非常に面白い文献でした!
 

発汗計で計測する際には、サージカルテープもいいですが、伸縮性のある(固く密着していることが条件)バンドも便利がいいですよ!
バンドは色々あってどれを選べばいいかわからない場合は是非弊社のバンドをご利用ください!

当社のマイクロ発汗計で簡易に発汗計測ができますので、是非一度お試しください。