汗をかく理由

汗をかく理由

汗をかく理由を紹介をさせていただきます(*・∀・*)

当社も常に勉強中なので、このような紹介をしながら、一緒に学んでいければと思います(`・ω・´)ゞ

 

汗をかく理由

汗をかく時、どのような状況を思い出すでしょうか?
運動後?風呂後?辛いものを食べた時?緊張したとき?
このように色々なシュチュエーションを想像されたかと思います。
汗をかく理由を3つに分類できると言われています。

 

①温熱性発汗
体温が上昇したときに、体温を適正温度に保つためにかく汗を「温熱性発汗」といいます。汗が乾いて体表面から気化するときに、体表面の熱がいっしょに放出されて体温が下がります。
【例:外気温の上昇による体温の上昇、運動による体温の上昇、お風呂・サウナによる体温の上昇】
発汗する部位は、特に決まっておらず、全身の毛孔から汗が出ます。全身に汗をかくことで、効率よく体温を下げることができます。太っている人は、表面積が大きいため、汗の量が増える傾向があります。
【頭、顔、首、胸、腹、背中、腕、脚】

 

②精神性発汗
体温調節のためではなく、緊張や不安などの精神的な刺激によってかく汗を「精神性発汗」といいます。自律神経の一種の交感神経が活発になることで、汗が出てきます。
【例:緊張、不安、ストレス、精神的刺激、心理的刺激、情緒不安定】
発汗する部位は、「手に汗握る」という言葉があるように、手のひらなどの特定の部位にのみ汗をかくのが特徴です。
【手のひら、足の裏、脇の下、額】

 

③味覚性発汗
「辛いもの」「酸味の強いもの」を食べたときにかく汗を「味覚性発汗」と呼びます。
発汗する部位は、体温の上昇をともなう汗なので、基本的には全身に汗をかきます。ただし、味覚性発汗の場合は、特に額(おでこ)に大量に汗をかくことが多いようです。手のひらなどには、ほとんど汗をかきません。

 

こういうことをしたときに出る汗は何性発汗なのか?
脳卒中患者を看る際、発汗量をとって精神性発汗をみてみる。
などなど、発汗だけで色々なことができますね♪

 

当社のマイクロ発汗計で簡易に発汗計測ができますので、是非一度お試しください。