水泳競技での9軸センサ活用法

水泳競技での9軸センサ活用法|日刊AM科学

株式会社ワンダーイヤーズ様が主催するスイミングクリニックのイベントにて、

弊社の分析がお役に立てないかと打合せに行って参りました(`・ω・´)ゞ

 

見せて伝える

株式会社ワンダーイヤーズの代表取締役「今井亮介」氏と、株式会社ヴェンチトーレの代表取締役「原英晃」氏の共演でした。

お二方ともマスターズの水泳競技で年代別の世界記録保持者ですΣ(O_O;)

原 英晃(はら ひであき)
1974年生まれ。静岡県出身。日本大学卒。
一般社団法人スポーツ人材育成協会 理事
日本体育協会公認水泳上級コーチ。
NSPA認定パーソナルトレーナー。TRX®STC・TRX®RTC修了。
高等学校1種 保健体育科・地理歴史科・公民科、中学校1種 社会科 教員免許。
日本大学水泳部トレーニングアドバイザー。

元200m自由形日本記録保持者及び元400m・800mリレー日本記録メンバー。
1998年アジア大会金メダルや2001年世界選手権ファイナリスト等、国内主要大会のみならず、国際大会の経験も豊富。
40歳となった現在でも23年連続(2015年現在)で日本選手権(2011年代表選考会を加算)に出場するなど、未だ日本の第一線で活躍中の鉄人スイマー。指導者としては、日本大学水泳部競泳コーチとして、2005~2007年の日本学生選手権チーム総合3連覇に貢献。現在は全国各地でスイムクリニックや研修会の講師を務める他、ジュニアからマスターズスイマー、トップアスリートまで幅広く指導にあたり、水泳指導のみならず、身体のケアや補強運動に至るまで、総合的な指導で定評がある。
マスターズでは、35歳区分100m自由形ほか複数の世界記録を保持している。

(引用:株式会社ヴェンチトーレHPより http://www.vincitore.jp)

 

お二方ともにスクールを開催していますが、
その中で、以下に効率的に指導するか、パフォーマンスUPを図るか、を熱心に話されていました。

見せて伝えることの大切さを実感しているお二人は9軸センサを手に取り、データを見ながら、ここがこうだ、などフォームに関しての熱い議論が続きます!

 

Facebookでは海外から好反応

今井亮介氏がご自身のFacebookに今回の様子を動画と共にUPしています!

レッスンで国際的に活動している今井亮介氏のFacebookには海外からの好反応が直後から現れます!

水泳競技での9軸センサ活用法|日刊AM科学

動画の閲覧数も、ものの数分で500を突破し、SNSの拡散力の凄さを実感しながらも、今井亮介氏の活躍ぶりを目の当たりにした打合せでしたΣ(O_O;)