Q.なぜ電極を3つ使うのですか。

A.+、-、アース(参照電極)で3つ使用します。

筋電計は筋電位を計測しています。

電位差を計測していますので、最低でも+と-の2つは必要です。

電気は一方向に流れます。

例えば、10という強さの電気が流れたとします。

■  □ 10  0 となり、この場合の2つの電極での電位差は■-□より+10となります。

電気は流れていますので、その直後は ■  □ 0   10 となり、この場合の2つの電極での電位差は■-□より-10となります。

しかし、人の体は静電気があったり、蛍光灯などによるハムノイズなど様々なノイズがあります。

そこで、アース(参照電極)を用いてノイズ除去を行っています。

先程の上図にアース(参照電極)を△としますと、 ■  △  □ 13  3  3 となっていれば、△の3をノイズとして引き算をして ■  □ 10  0 と計測結果になります。

ご相談・お問合せ

お問合せ電話番号