脳波センサZA

脳波センサZA

ご相談・お問合せ

お問合せ電話番号

脳波センサZAの特徴

脳波センサZAは、睡眠の見える化、数値化を行えるポータブル型の小型脳波計です。
2チャンネルで、脳波、眼球の計測が行えます。

就寝の際にも邪魔にならない小型の計測機器です。
送信機と受信機はワイヤレスデータ通信を採用し、計測時の不快感をさらに軽減しました。

電極を貼り付けて、電源をONにするだけで手軽に計測が行えます。
メモリーカードへの記録も行え、パソコンが無い環境でも計測が行えます。
EDF、CSV形式で計測データを出力。分析、データ加工等のご研究にもご活用頂けます。

脳波センサZA
img021

導入事例
(お客様の声)

導入事例を見る

発表事例
(学会等)

発表事例を見る

よくある質問
(FAQ)

よくある質問を見る

電極の貼付位置について

脳波センサZAは、脳波と眼球の計測を行います。
睡眠情報(睡眠時の脳波)を計測します。

右図のように、電極(ディスポ電極)を4箇所に貼り付けます。
(脳波用2か所、眼球用2か所)

※基準電極は、脳波用の電極と兼ねており
耳の後ろ側に貼り付けます。

脳波センサZA

計測モードについて

オンラインモードとオフラインモードの計測モードがあります。

  • オンラインモードでは…
    パソコンに受信機を接続する場合のことです。計測データをリアルタイムにモニタリングできます。
    脳波の計測を行いながら、付属の波形表示ビューア「BrainDiver」で
    (脳波・眼球の生波形、FFT結果)データを確認できます。
    ※受信機にはAC電源が必要です。パソコンへの接続は、付属のUSBケーブルを利用します。

  • オフラインモードでは…
    パソコンに受信機を接続しない場合のことです。計測データはメモリーカードに収録されます。
    計測したデータは、波形表示ビューアで確認することができます。
    ※受信機にはAC電源が必要です。

波形表示ビューア「Brain Diver」 (標準付属品)

付属の波形表示ソフトです。記録したデータを読み込むことができます。
オンラインモード時は、計測中のデータをリアルタイムに見ることもできます。
※波形表示ソフトの為、ソフトによる自動解析は行えません。

脳波センサZA

脳波計測の流れ

img05

※睡眠脳波解析サービスを行っております。詳しくはお問合せ下さい。

収録できる特徴的な脳波の例

レム睡眠、ノンレム睡眠(浅睡眠、深睡眠)の計測が行え、睡眠リズムを把握できます。

img06

基本構成

脳波センサZA

オプション・消耗品

脳波センサZA

ご相談・お問合せ

お問合せ電話番号