VENUS3Dソフトウェア機能

VENUS3Dのソフトウェア機能

取得した3次元座標データを“見せる”

「VENUS3D」の“見せる”機能は、取得した3次元座標データを視覚的に捉えられるよう設計されています。
3次元アニメーション表示において、変位量をコンター表示したり、複数試験データを重ねて表示したり、解析結果が感覚的に分かる工夫がされています。

①3次元アニメーション
対象物の動きを3次元で表示する機能です。
・3次元化された計測点(ポイント)の残像や軌跡
・ポイントを自由につなぐスティックピクチャ
・任意平面での2次元表示 も可能です。

②ポイントコンター表示
3次元化された計測点(ポイント)の表示を速度、変位量等の物理量変化に従い、表示色の変化で表示(コンター表示)する機能です。動作の変化や相関をより視覚的に把握する事ができます。

③複数試験データ重ね合わせ
複数の試験データを1つの表示エリア内で重ねて表示する機能です。
3次元アニメーションだけでなく、グラフも1つの表示エリアに複数データを表示する事ができ、より詳細な動作や挙動の比較が容易になります。

取得した3次元座標データを“組み合わせる”

「VENUS3D」の“組み合わせる”機能は、取得した3次元座標データだけでなく、外部計測機器のデータを読み込み、解析する事ができます。
カメラ映像の取り込みの他、アナログ波形データ収録システムを用いる事であらゆる計測機器の値を読み込み、3次元座標データと組み合わせた解析が容易に行えます。

①外部機器データ同期再生
外部計測機器のアナログ波形データを読み込む機能。
ヘッダー情報は、VENUS3Dのインターフェース上で指定し、読み込む事ができます。

②自由なグラフプロット
外部計測機器で取得した値に対する3次元座標の値を解析する機能です。
例えば、
・温度に対する変位量
・圧力に対する角度
を算出する事が可能です。

カメラ映像同期再生
シーンカメラや高速度カメラで取得した映像を同期して再生する機能です。
データを取得している様子を同時に記録する事が可能です。

取得した3次元座標データから“導き出す”

「VENUS3D」の“導き出す”機能は、取得した3次元座標データから容易に解析結果を算出できるよう設計されています。
差分演算を行い瞬時に相対変位を算出する機能や変位量を強調することで微細な変位を視覚的に捉える機能等、手間のかかる作業が容易に行える工夫がされています。

①解析
取得した3次元座標から物理量を算出し、グラフ表示する機能です。外部機器で計測したCSVデータも同時に解析する事が可能です。
【算出項目】
座標値、速度、加速度、変位、積算移動距離、始点からの距離、2点距離、2点距離変化量、2点距離変化速度、2点距離変化加速度、3点角度、角速度、角加速度、剛体中心座標、剛体6自由度、平面投影2直線角度、平面投影3点角度、オイラー角 等
※フォースプレート同期計測オプション追加時:フォース、モーメント、COP

②相対座標算出
任意の計測点(ポイント)を固定し、差分演算を行い相対変位を算出する機能です。
・加振されている計測対象の加振を除いた動き
・体幹を固定した状態での上腕や指先の運動量を容易に評価できます。

③変位強調
強調率を指定する事により、変位量を演算する機能です。微細な変位をより視覚的に確認できます。

ご相談・お問合せ

お問合せ電話番号