カメラの動きの演算|ダートフィッシュマニュアル

カメラの動きの演算

ステップ2 – カメラ動きの演算
カメラ動きの演算とは、サイマルカムで2つのイメージを重ね合わせて、1つの背景の上に表現する時の演算作業を言います。 この処理工程では、2つのビデオクリップの背景の似たような特徴(オブジェクト)を、次の2通りの方法で位置を合わせて1つのイメージに統合していきます
1. ドラッグ&ズーム調節 – 各クリップの最初のフレームで背景の位置合わせをし、片方のフレームに合わせてドラッグやズームによってきれいに重なるように微調整をしていきます。
2. マッチングポイント調節 – 各クリップの最初のフレームの背景にマッチングポイントを設定して背景を合成します。

カメラの動きの演算|ダートフィッシュマニュアル

■オブジェクトのマッチング
マウスでクリック&ドラッグを行い、一致する背景を合わせます。
※動く物(上図では人)を合わせないように注意してください。
■最適な方法の選択 両方試した上で、どちらの方法が適しているかを自分で選んでください。デフォルト設定では、ドラッグ&ズームで調整を行います。 以下のガイドを参考にしてください。 通常であればドラッグ&ズーム調節が、早くてスムーズな作業になります。 ドラッグ&ズーム調節では、マウスのスクロール機能もしくは数字キーの[+][-] キーでズームの操作を行うことができます。もし、このズーム機能が扱いにくい場合には、マッチングポイント調節を行う方が良いでしょう。 マッチングポイント調節では、ビデオイメージが重なりにくい場合に有効です。

カメラの動きの演算|ダートフィッシュマニュアル

■演算方法の選択
演算方法は、サイマルカムの作業中いつでも変更することができます。
1. メニューバーからツール>オプションを選択します(またはF3)。
2. 左側のリストからサイマルカムタブを選択します。
3. リストからモードを選択します。 「デフォルトに設定」ボタンをクリックすることで、選択した演算方法をデフォルトに設定にできます。
カメラの動きの演算が終われば、サイマルカムモジュールの右下にある「次へ」ボタンをクリックして次のステップへ進みます。