クローニング作業と保存|ダートフィッシュマニュアル

クローニング作業と保存

ステップ4. クローニング作業と保存
このステップでパノラマイメージの上にのせる「クローン」を指定する作業を行います。このクローンが残像として表示されます。
4-1.オブジェクトのクローニング
パフォーマーまたはオブジェクトのクローニング作業を行います。同じフレームの中にあるすべてのオブジェクトに対して、何枚ものクローンを作成する事ができます。 オブジェクトやパフォーマーのクローニングは、ストロモーション・モジュールの右側にあるドローイングツールを使用します。

映像分析システムマニュアル|ストロモーション|株式会社アミスト選択ツール : クローンの選択、または移動
 映像分析システムマニュアル|ストロモーション|株式会社アミスト長方形ツール: クローン作成ツール
 映像分析システムマニュアル|ストロモーション|株式会社アミストフリーハンドツール : フリーハンドクローニングツール
 映像分析システムマニュアル|ストロモーション|株式会社アミスト削除ツール: 選択ツールで選択されたオブジェクトを削除
 映像分析システムマニュアル|ストロモーション|株式会社アミストすべて削除ツール: フレームの中にある全てのオブジェクトの削除
映像分析システムマニュアル|ストロモーション|株式会社アミストズームイン/アウト: イメージの上をクリックするとズームイン(右クリックするとズームアウト)

4-1-1.クローンの作製
クローニングするオブジェクトを長方形ツールまたはフリーハンドツールを使用して囲みます。
■長方形ツールの使用
1. 長方形ツールボタンをクリックします。
2. クローニングするオブジェクトの左上にマウスを置きます。
3. 右下へクリック&ドラッグしてオブジェクトを囲みます(できるだけ背景を排除してください)。

クローニング作業と保存|ダートフィッシュマニュアル

■フリーハンドツールの使用
1. フリーハンドツールボタンをクリックします。
2. できるだけオブジェクトに沿って囲むようにクリック&ドラッグしてください。

クローニング作業と保存|ダートフィッシュマニュアル

※クローニング作業時、クローニングするオブジェクトの一部を取り逃しても、クローンの削除または作り直しをする必要はありません。残した部分を追加してください。また左の写真のように両方のツールの使用、1つのフレーム中に2ヶ所以上のクローニングなども可能です。

クローニング作業と保存|ダートフィッシュマニュアル

■最適なクローニングツールとは
どのツールを使用しても、選択したエリアがビデオイメージの上に表示されます。2つのクローンがオーバーラップしてしまう場合、最初のクローンは見づらくなります。 クローンとクローンの間にオーバーラップするところが多い場合は、フリーハンドツールを使用してください (例: 体操の吊り輪または走り高跳びなど)。 クローンが一直線の動きをするときは長方形ツールを使用してください (例: 走り幅跳びなど)。
■クローニング作業のフレームジャンプ
ショートカットの「Ctrl」+「左(←)/右(→)」キーを使うと1コマずつコマ送りができ、より正確なキーフレームの指定が可能になります。 一定の間隔でクローニング作業を行うときは「ジャンプサイズ」コントロールが有効です。「ジャンプサイズ」とはクリップの前後にジャンプするフレーム数を定義することです。

映像分析システムマニュアル|ストロモーション|株式会社アミスト

4-1-2.クローンの編集
1. 「選択ツール」 を使用して編集するクローンを選択します。クローニング領域をクリックします。
2. 選択したクローンは「削除ツール」 で削除、クリック&ドラッグによる移動、端または角の調節などが可能です(下の写真を参照)。

クローニング作業と保存|ダートフィッシュマニュアル

フレームの中のクローンは「すべて削除ツール」 で一括削除することができます。このツールを使用すると、削除するクローンを1つ1つ選択する必要はありません。 「ズームイン/アウト」ボタン によって、より正確に作業ができます。マウスの左ボタンがズームインで右ボタンがズームアウトです。
4-2.ストロモーションのパブリッシュ
ストロモーションの作業結果はサイマルカムと同じようにパブリッシュ・ウィザードを使用して作成します。ストロモーションの最後のステップにある「パブリッシュ」ボタンをクリックします。
1.保存モードの中で静止画かビデオのどちらか1つを選択してください。
2.出力タイプを選択して「次へ」ボタンをクリックします。
3.ファイルに名前を付け保存します。
■ストロモーション静止画
すべてのクローンのビットマップ(bmp)写真は背景の上に配置されます。 もしパンニングするカメラで撮った背景だとすると、クローンは下の図のように表示されます。

クローニング作業と保存|ダートフィッシュマニュアル

※ビットマップ、またはJPGイメージはアイテムリストの中に表示されますが、ダートフィッシュのモジュールでは開けません。アイテムリストからイメージファイルを開いた場合、パソコンに設定されているデフォルトのイメージビューアが使用されます。
■ストロモーションビデオ
オリジナル ビデオの上に指定した各クローンが表示される映像を保存します。

クローニング作業と保存|ダートフィッシュマニュアル

4-3.ストロモーション作業の保存
ストロモーションプロジェクトを保存する事で、パブリッシュ後に作業工程を修正する事が可能です。ストロモーションプロジェクトは下記のアイコンでアイテムリストに表示されます。

クローニング作業と保存|ダートフィッシュマニュアル
ストロモーションプロジェクトを保存する場合は、ファイル>>名前を付けて保存を選択ます。